上向きバストアップで気分も上々|胸元は女性の武器

バスト

理想のバストを実現

女性

自分の胸に自信がない人は意外と多く、美容整形の分野ではバストアップは定番の手術です。あらゆる努力をしてきたけれど成果が見られない人や、理想のスタイルを求めてバストアップを望む人は少なくありません。そんな美容整形でのバストアップ法は種類があり、シリコンバッグだけでなく、ヒアルロン酸や脂肪の注入も行われています。この3種類の方法を同時に行っている美容外科は、昔と比べて増えてきました。大きな美容外科では常に負担が少なく効果的な技術を取り入れるので、幅広い要望に応えていけるような体制です。しかし、美容外科にも得意とする手術があるので、特にこだわりたい種類があれば、美容外科選びが重要になってきます。そして、これらは確実にバストアップしていくことはできますが、それにもデメリットが伴います。シリコンバッグは耐用年数があるため、その年数に応じて取り替えなくてはいけません。次にヒアルロン酸は体に吸収されてしまうため、バストアップを維持していくには定期的に受けていく必要があります。また、脂肪の注入は余分な脂肪がなければできませんし、脂肪の量によりバストアップのサイズも限界が出てきます。このような注意点があることを意識しながら、バストアップを充分に検討していくようにしましょう。

このバストアップは、それぞれに手術方法やメリットも違ってきます。代表的なシリコンバッグは、ふくらみ部分となる人工的な素材を胸に入れていきますが、理想の大きさを実現させるにはピッタリの方法です。硬さも自然なものが揃い、大きくバストアップしたい人には向いているでしょう。そして、ヒアルロン酸は肌にハリを出していく成分なので、これを注入していくことで自然なバストアップが期待できます。効果は長く続かないため、定期的に受けていく必要はありますが、費用は安いので手軽に受けられる方法です。体にメスを入れることなく、簡単にバストアップを実現していけるメリットが人気となっています。脂肪注入の方法では、太ももやお尻にある余分な脂肪を取り除いて、それを胸に注入していきます。下半身に脂肪が付いている女性は多いので、無駄な脂肪を再利用できるところが大きな特徴です。自分の脂肪なので安心することができ、違和感のない自然なバストアップが手に入ります。昔のバストアップはシリコンバッグといった方法しかありませんでしたが、今は負担の少ない方法も増えてきました。もちろんシリコンバッグも安全性が高まり、その技術の進化から理想のバストアップも夢ではなくなってきています。